COLUMNコラム

身体をリセットする7つのシンプルな方法

  • ヘルスケア

不健康から健康へシフトチェンジするには、どうすればいいでしょうか? 味覚と脳を健康的な習慣で結び直すことが、簡単に始めるベストな方法です。
シンプルに始める7つの方法をご紹介しましょう。

 

1. 睡眠の時間を確保する

毎晩、早めに寝床に着いて、最低7時間の睡眠を取ることは健康的な生活の基本です。
筋肉や組織、脳内物質が若返るのは睡眠中のこと。睡眠の時間を可能な限り確保するようにしましょう。
そうすれば、気分がスッキリして、1日をとおしてヘルシーな選択をできるようになります。

 

2. 朝を有意義な時間に

毎朝スッキリと活動を始めることは、1日を健康的に過ごす基本となります。早めに起床し、新聞を読む時間をつくったり、瞑想したりして、1日を始める準備をしましょう。
温かくヘルシーな朝食を摂るのも大切です。たんぱく質を豊富に含む朝食を毎朝摂ることは、1日を勢いよく始める最も重要な要素のひとつ。
ウェイトマネジメントにも役立ちます。

 

3. 消化を促進するドリンクを飲む

消化器官は身体の中核をなすので、これらをきれいに整えて活動を促し、良いモノは取り入れ、悪いモノは追い出すようにしていきましょう。
生姜紅茶やレモンを入れたお湯などは、腸内をきれいにしたり、吐き気を消したり、胃の調子を整えたりします。

 

4.食べる物は選ぶ

身体に取り入れるものは、あなたの気分やパフォーマンスに直接影響を与えます。上白糖やグラニュー糖などの精製糖は避け、全粒穀物や生のフルーツ、野菜、赤身肉や魚、食物繊維を豊富に含む食品を摂るようにしましょう。

 

5. 間食はヘルシーなものを

「間食は大敵」だと思っていませんか? しかし、食習慣のバランスを取るなら、1日をとおして少量をこまめに摂るほうが望ましいとも言われています。
カギは、身体をサポートしてくれるような食べ物を選ぶこと。
ギリシャヨーグルトやバナナ、野菜スティック、ナッツ類などのヘルシーな食品は1日をとおして食欲のバランスを保ち、代謝サイクルもサポートしてくれます。

 

6. テクノロジーから離れてみる

食べ物や飲み物だけが身体に影響を与えるわけではありません。頭を使わない娯楽に1日何時間費やしているか、考えたことがありますか?
なんとなくつけていたテレビを見ながらボーっとしてしまったことがありませんか? 健康改善に本気で取り組みたいなら、テクノロジーから身を守ることも時には必要です。

テレビやスマートフォン で費やしていた2時間を、屋外での活動や社会的なイベントに置き換えてみましょう。自然や友人との生の触れ合いが、英気を養ってくれることでしょう。

 

7. たくさん水を飲む

身体をきれいにリフレッシュするための昔ながらのいい方法は、なんといっても水です。朝はコップ1杯の水からスタートしましょう。
水はまとめて飲むのではなく、1日をとおして継続的に飲み続けることも大切。
食事前に水を飲むと、代謝に働きかけて、どれくらい空腹なのか、そして食べるべき量を認識させるサポートをしてくれます。

ウェイトマネジメントに苦労したことがある人なら、身体をリセットするのは簡単なこと。
再起動ボタンを押すようなもので、始めてしまえば生活スタイルの変化に身体が順応できるようになります。